gkojaxmeetsrebloggersuptown:

gkojaz:

wrigley:

ohmomo:

yuiseki:

shokai:
ねたミシュラン ★あきらめたらそこで面接終了だよ



(via sjmp)
2008-07-05

(via ffftp)

gkojaxmeetsrebloggersuptown:

gkojaz:

wrigley:

ohmomo:

yuiseki:

shokai:

ねたミシュラン ★あきらめたらそこで面接終了だよ

(via sjmp)

2008-07-05

(via ffftp)

shi3z:

(作業中話しかけていいか迷った時(やや閲覧注意):ハムスター速報から)

shi3z:

(作業中話しかけていいか迷った時(やや閲覧注意):ハムスター速報から)

(佐々木俊尚氏が編集長の「旅ラボ」で女性蔑視の改変コピペが掲載されアホなFacebook・Twitterユーザーが大量に釣られる - Hagex-day infoから)

(佐々木俊尚氏が編集長の「旅ラボ」で女性蔑視の改変コピペが掲載されアホなFacebook・Twitterユーザーが大量に釣られる - Hagex-day infoから)

"手助け以降に発生した問題はすべてあなたのミスになる"

コンピュータの修理をタダで引き受けてはならない10の理由 - ZDNet Japan (via ibi-s)

(nemoiから)

"64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/07(木) 15:05:00.66 ID:307uQwtg0
愛しさと切なさと心強さってどうやったら同時に感じられるの?



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/07(木) 15:09:33.21 ID:kg0E86dKi
»64
自分が仕事で失敗して来月の給料が減るとする。
そしたら嫁が「心配しないで、やりくりすればへっちゃらよ。元気だして!」って励ましてくれる。
それだよ



387:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/07(木) 16:08:00.04 ID:zbvjncT40
»82
例えが秀逸すぎる
"

マンホールの蓋は何故丸いのか?みたいな素朴な疑問言ってけ:哲学ニュースnwk (via afrogenic)

(wakatteinaiから)

"「安心して飲めない水道水」「いつ停電するかわからない電気」「洗わないと何が付いてるかわからない野菜」「遅れが常態化している電車」日本の都会人が怯えているこれらの話は、世界のほとんどの人にとって日常的な出来事にすぎない。"

Twitter / 大貫剛 (via nagas)

(元記事: deli-hell-me (ak47から))

"

ある美容師が、中国での技術講習会の講師を頼まれた。おもしろそうだしと、行ってみて、なにに驚いたのかと言えば、

「彼らは、教え合わないんですよ」

ってことなんだと。

日本では、美容室に入ると、先輩について、いちいち教わって、次第にレベルアップして、一人前になる。また、ミーティングでは、効率的なやり方や、新しい機械や技術について、お互いに知識を披露して、互いに勉強しあう。美容師の世界ってそういうもんだと思っていた彼にとっては、驚きの連続だったそうだ。

かの地ではお互いに教え合わない。または、オレの技術を盗むなという意識が強いので、勉強する場はこういった講習会しかないらしい。なので、参加者多数。みな熱心にメモをとって、さまざまな質問をしに来る。それはいいのだが、自分の興味がないところは、まったく聞いていないし、関心もない。あげくの果てには、後の方でケンカがはじまってしまって、絶句。

なんだかなぁ~。これじゃ、集合知みたいなものが働かない気がした。

集合知という言葉が適切かはわからないんだが、レベルが低い人も、高い人も交じり合った集団の中で教えあうと、全体のレベルがアップして、さらに高いレベルに挑戦できるみたいな話が、教育関係の本を読むとよく出てくる。フィンランドは、そうやって下の方の生徒の底上げに成功したおかげで、学力水準がアップしたそうだ。

よく懸念されるように、低い人に時間を割くことで、高い人が犠牲になるわけではなく、自分の知識を噛み砕いて説明し、理解させようとする過程が、彼らの糧になるんだとか。復習を自然とするようにね。

まあ、なんとなく経験則で思い当たることではあるが、いろいろな研究でも、そういう結果がでているらしい。

ってなことを書くと、日本の国力というか、なんとなく、人の力が落ちているのは、その辺りじゃないかと思う。

学力別編成がなんで問題なのかは、その辺にあるわけで。その集団自体のレベルアップを目指すなら、玉石混合状態の方が効率がいい。

働き方にしても、全員正社員とは言わないが、ある程度の期間は同じ職場で働いて、派遣だの、正社員だのと身分差なく知識を分け合った方が、その集団にとっては、プラスになる。

そういえば、ブラック企業のスレでも、そんな感じで、ダメダメな人が成長していたっけな。

"

教え合わない人たち - 北沢かえるの働けば自由になる日記 (via petapeta)

(chord00から)

"最近なんかダルいわ…という人が「いつも疲れている」理由はこの9つ

■1:運動不足

■2:水を飲まない

■3:鉄分が足りない

■4:完璧主義者である

■5:朝食を抜く

■6:ジャンクフードの食べすぎ

■7:“NO”と言えない

■8:休暇中も仕事

■9:寝る前にアルコールを飲む"

「いつも疲れてる人」理由はこの9つ:ワロタニッキ (via hevimeta)

(chord00から)

"ロシアから支援されウクライナで戦っている親ロシア分離主義者は、なぜこんなに弱いのか? それが各国の軍事関係者の関心を引いています。

これに対するひとつの回答が、ニューヨーク・タイムズのアンドリュー・クレーマー記者の記事の中にあります。

それによると、いま親ロシア分離主義者から成る「ドネツク人民共和国」なる反政府軍では、相次いでリーダーシップの交代が起こっています。具体的にはロシア人が離れ、現地出身者に取って代わられているそうです。

これはクレーマー記者の考えでは、負け戦が濃厚になった東ウクライナで、和平交渉をするには、同じウクライナ人同士の方がやりやすいからだそうです。

具体的には、ロシア人であるアレクサンドル・ボロダイ首相が辞任しました。さらにイゴール・ストレルコフも国防相の地位を辞任しました。そして彼の補佐をやっていたフョードル・ベルツィンが昇格しました。

ベルツィンはドネツク生まれのSF作家です。彼はこれまでに18冊のSF・ミリタリー小説を書いたミリヲタなのですが、小説家では喰えないので、トイレ清掃用具のブローカーをして、生活の足しにしていたそうです。サバゲーの世界が、現実となり、すくなからず当惑しているようです。

その他、反政府軍の上層部に上った面々は、盲導犬学校のオーナー、サンタクロースのぬいぐるみを着てサンタの役を演じていたおじさん、ねずみ講を考案したペテン師など、香ばしい人たちばかりだそうです。

ここ数日で、反政府軍のトップがどんどん入れ替わったので、唯一残ったロシア人はウラジミール・アントユフェイエフだけです。

この関係で、親ロシア分離主義者の間で軍紀は乱れまくっています。毎晩、泥酔した戦闘員が交通事故を起こしまくり、事故った戦闘員が腹いせに民間人に対し銃をぶっ放すなどして現地の住民も苦々しい思いをしているそうです。

先述のベルツィン氏は「これは歴史の帰趨を決する天下分け目の戦いだ。ウクライナで起こっていることを見た海外の同志が国際旅団を結成し、ちょうどスペイン内戦の時のように馳せ参じることで戦いの流れを変えて欲しい」と語っています。

なるほど、そう言われて見ればスペイン内戦に馳せ参じたアーネスト・ヘミングウェイ、マーサ・ゲルホーン、ジョージ・オーウェル、ロバート・キャパ、ゲルダ・タローなどの面々も、必ずしも崇高なるイデオロギーでそうしたのではなく、功名心や野次馬根性、痛い中2病的な勘違いなどに突き動かされていた面は無いとは言えないかもしれません。

「これは驚くべきおとぎ話だ。毎日、一冊の本のネタとして余りある出来事が起こっている。だから早く戦争が終わって欲しい。そしたらこのリアルでの戦争体験を基に急いで本を書きたい」

親ロシア分離主義者の総司令官であるベルツィン氏が、こういうノリですから、プーチンが頭を抱えるのも無理はないですね。"

中2病をこじらせた戦闘員はウクライナにも居る 現実と空想の世界が混濁した「勘違い組」が戦争ごっこ - Market Hack (via yukiminagawa)

(deli-hell-meから)

"誰かが幽霊話をするとき、もし彼らが幽霊を信じているなら必ず自分が聞くことは「虫の幽霊っている?」それにはノーという答えが返ってくる。
すると自分は「じゃあ犬の幽霊は?」するとイエスという答えが返ってくる。
そこから複雑に動物を小さくしていって、どこから幽霊がいて、どこから幽霊がいないかを教えてもらう。「カニの幽霊は?魚の幽霊は?」とね。それらはいないが馬の幽霊はいる。猫、犬、人はいる。じゃあなぜ?と聞くと、そこから人の答えはいろいろだ。興味深い話はできるよ。"

「どうしてみんな人間の幽霊は見るのに、恐竜の幽霊は見ないの?」なぜなら…とても興味深い意見いろいろ:らばQ (via to-kato)

(auxoから)

gkojaxmeetsrebloggersuptown:

yasunao:

proto-jp:

d-d-d:

neckr:

tobia:

(via the3rd)





(via unfollowmecunt)

gkojaxmeetsrebloggersuptown:

yasunao:

proto-jp:

d-d-d:

neckr:

tobia:

(via the3rd)

(via unfollowmecunt)

"

80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/20(水) 13:37:50.90 ID:SiIDY+z40

269:本当にあった怖い名無し :2009/05/24(日) 01:40:46 ID:74lVu5HAO
ゴ ミ 箱 か ら 俺 の 靴 が

ク ラ ス 会 議 勃 発

先 生 に 慰 め ら れ る 俺

新 し い の 買 っ た か ら 自 分 で 捨 て た な ん て 言 え な い 空 気
"

オチが秀逸なコピペ:哲学ニュースnwk (via sayusayukawaii)

(gkojayから)

highlandvalley:

注目ボケ一覧 : ボケて(bokete)

highlandvalley:

注目ボケ一覧 : ボケて(bokete)

(girioから)

"

ツイッターでこういうツイートがRTで三回も流れてきた。

「身体を冷やすために、首に凍りタオルっての、野口整体的にはNGです。直ちに影響はないのですが。アイスノンを枕もヤメテ。首から後頭部は脳にいく大事な血が流れるとこです。悪影響が出るの「今」じゃない分タチが悪い。冷やして良いにはてっぺんね。河童のお皿部分だけです。若いひとへ。」

詳細見たらものすごい数RTされている。@で「そうなんだ、知らなかった~」的なコメントを返している人も多い。RTくれた人も親切心でRTしているんだと思う。でもちょっとこのツイートおかしい。

首から後頭部にかけてのところに脳に行く血管はない。脳に行く血管は左右の総頸動脈と椎骨動脈。総頸動脈は首の前側にあるし、椎骨動脈は頸椎の中を通る。
ぜんぜん場所が違うから、アイスノンを枕にしても脳に行く血管は別に冷えない。単純に間違っている。

"

後頭部を冷やしてはいけないツイートがはやってる | 指圧とレポート (via tkr)

(plasticdreamsから)

highlandvalley:

ジェット・リョーさんはTwitterを使っています スズメバチを駆除するとき、迂闊にちょっかい出すと警戒フェロモン出して巣ごと手がつけられなくなるけど、水鉄砲に石鹸水を入れて遠くから狙い撃ちすると一匹ずつステルスキルできる(虫に界面活性剤をかけると気門が塞がってすぐ死ぬ)からオススメ。 http://t.co/xXRpTw87pU

highlandvalley:

ジェット・リョーさんはTwitterを使っています スズメバチを駆除するとき、迂闊にちょっかい出すと警戒フェロモン出して巣ごと手がつけられなくなるけど、水鉄砲に石鹸水を入れて遠くから狙い撃ちすると一匹ずつステルスキルできる(虫に界面活性剤をかけると気門が塞がってすぐ死ぬ)からオススメ。 http://t.co/xXRpTw87pU

(auxoから)